電子契約・署名サービス

電子印鑑GMOサイン

契約業務が変わる。
未来のハンコで変わる。

電子印鑑GMOサインは、法的に有効なクラウド型の電子契約サービスです。
契約締結・管理の業務効率化や印紙税などのコスト削減、コンプライアンス強化を実現。「電子署名」と「身元確認済み 高度電子署名」を使い分けできるので、あらゆるビジネスシーンでご利用いただけます。

サービスイメージ

serviceImg01_gmo
serviceImg02_gmo
serviceImg03_gmo

機能

料金プラン

お試しフリープラン

0円/月
  • ユーザー数:1
  • 署名数:無料/5⽂書まで
  • 署名⽅法:契約印タイプ(電⼦署名)

契約印&実印プラン

9,680円/月
  • ユーザー数:無制限
  • 署名数:無制限
  • 署名⽅法:
    ・契約印タイプ(電⼦署名)
    ・実印タイプ(⾝元確認済み ⾼度電⼦署名)
    ・マイナンバー実印(オプション)

導入可能施設

病院 診療所・クリニック 歯科医院 薬局 介護 その他医療機関 一般店舗・企業(医療分野に限らず利用可能) 

対応エリア

全国

北海道 東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島

関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知

近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国 徳島 香川 愛媛 高知

九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

沖縄

よくあるご質問

Q. 電⼦契約にも証拠⼒が認められますか?

A. 作成者本人による電子署名がなされた電子契約については、押印した契約文書と同様に証拠力が認められます。

 

Q. 電⼦契約では印紙税を払わなくていいのですか?

A. 電子データにより作成される電子契約は、印紙税の課税対象外です。

 

Q. 電子契約を締結するためには、契約の相手方も本サービスに加入する必要がありますか?

A. 実印タイプ(身元確認済み 高度電子署名)を相手に求める場合は、相手方の企業様も電子印鑑GMOサインのご利用が必要となります。
契約印タイプ(電子署名)の場合は、相手方の企業様は電子印鑑GMOサインに加入していなくても締結可能です。

ユーザーの声

・1ヶ月以上かかっていたリフォームの見積もりから契約、発注までの作業が最短1日で電子印鑑GMOサインと連動したシステムを開発(株式会社創建)

・セールスフォース×電子印鑑GMOサインで帳票作成から送信、電子署名そして文書管理までをシームレスに(ランサーズ株式会社)

・約2000人分の契約書作成から押印までをワンストップ。2~3週間かかった締結が1日で完了!(株式会社ティップネス)

提供企業

企業名
本社所在地
企業URL
設立年月
提供サービス

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10階
https://www.gmogshd.com/
1993年12月
AWSクラウド導入支援、運用サービス・アプリ集客サービス他

企業名    GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
本社所在地  東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10階
企業URL    https://www.gmogshd.com/
設立年月   1993年12月
提供サービス AWSクラウド導入支援、運用サービス・アプリ集客サービス他